• N.Yamashita Siesta-Siesta

②エステとの出逢い・幸福感に包まれて

でもいざその日を迎えると、ずっとエステは怖い、私には縁がない...と思っていた私にとって、そこに行くことは未知の世界だったのでとても緊張し、朝から何度も「やっぱり止めようかな帰ろうかな...と40代にして初めての事だったので、気持ちは大きく揺れていました。 けれどとにかく体験するのは大事だ!とドキドキしながら行ったその場所で生まれて初めて施術を受けた私の印象は180度変わりました。

それはちょっと大げさなくらいだけど、ずっと避けてきた未知の世界だった事あり大きな衝撃になったと思うのですが、『怖い』と思っていたその場所は、とても穏やかな空間で、自分の顔を他人に触れられる事の心地よさ、そしてお顔だけでなく体全体がゆったりとリラックスしていくことを実感できる時間が流れていく、あゝ思っていたのとは違うんだ....と肩の力が抜けていき最後はウトウト。。。。

施術後、自分のお肌に触れた時、その肌が嬉しい♡と喜んでいるのを感じました。

その頃わたしは、40代という年齢を否定されたような感覚に陥っていたこともあり『また通いたい』を越えて、年齢が若いという事よりも歳を重ねていく中で輝ける美しさを保ち続けていくお手伝いができる仕事エステティシャンになりたいという気持ちが芽生えて学びの扉をたたく行動へと動き、友人たちを驚かせました。

家庭があり自分だけの時間を持つことがままならず色々と紆余曲折ありましたが、素晴らしい師との出逢いもあり、エステ中心の生活とはいえませんが今何とか小さなサロンを営んでいます。私自身がおばあさんになってもお客様それぞれその年齢ごとの美を引き出す仕事人として生涯続けて行きたい...と思っています。

と...①&②の続き物の長い長い私のエステティックとの出逢いの物語、最後までお読み頂きありがとうございます。

私の様にエステティックが未知の世界という方がお肌の状態が気になったそんな時に...Siesta-Siestaの扉をノックするきっかけになったら嬉しいです。




14回の閲覧

最新記事

すべて表示

桃の節句

春の訪れ